陰部の黒ずみにはプラセンタ

プラセンタ(直訳:胎盤)は医学・美容のフィールドで幅広く活躍しています。胎児が母親のお腹の中で長期間過ごすためには、プラセンタは無くてはならないものです。

 

このプラセンタには栄養がたくさん詰まっており、それが医学・美容のフィールドにおいて役立っているのです。美白作用もあるため、陰部の黒ずみを軽減する事も可能です。

 

なぜプラセンタで美白できるのか

プラセンタにはメラニン作りに携わっている「チロシナーゼ」をブロックする効果があります。また、活性酸素を消す効果や抗炎症効果もあるので、メラニンの発生自体と、肌の黒色化をブロックする事も可能です。

 

また、皮膚のターンオーバーを安定させる作用もあるので、既に生じてしまっている色素沈着も解消できます。メラニン色素の排除を促進して、黒ずみを淡くしていくのです。

 

 

プラセンタのタイプ

プラセンタにもいくつかのタイプがあります。

 

人間由来

人間の胎盤から抽出します。承認された製薬開発会社のみが製造できる医薬品であり、病院でのみ扱ったり、患者に出したりする事ができます。美容にフィールドで利用する事は認められておりません。

 

牛由来

牛の胎盤から抽出します。今は、狂牛病の関係で利用禁止となっています。

 

豚由来

牛由来のものの代替品として利用されるようになりました。美容・医療のフィールドではこのプラセンタをメインとして利用しています。哺乳類からプラセンタを抽出する事が可能であり、厚労省によって、効果と安全性が保障されています。

 

ただ臭いが強かったり、副作用があったりするので、今は植物由来のものが注目されています。

 

植物由来

ライ麦や大豆等から抽出できます。植物には胎盤が無いので、胚から抽出する事になります。発芽や成長のための栄養がたくさん入っている場所です。

 

 

プラセンタの副作用や危険性

プランセンタは、サプリや注射で簡単に摂取できます。医療のフィールドでは、馬や豚等の哺乳類由来のプラセンタを利用するのが主流であり、店売りの健康食品等にも入っています。

 

原則、厳格な衛生・健康管理が行われている農場の動物を使っており、感染症のリスクも限りなくゼロに近いと言えます。そして、より安全性が高いのは豚由来よりも馬由来のものです。

 

なぜなら、馬の方が体温が高く、寄生虫が住み着きにくいからです。また、病院で利用されているプラセンタに関しては、これまで副作用が起きたケースは1件もありません。ただ、健康食品等で摂取するのであれば、アミノ酸やたんぱく質が入っているので、それによってアレルギーが生じる方もいます。

 

これは、陰部の黒ずみを軽減するクリームに入っているようなプラセンタでも同じです。「飲む」のではなく「塗る」ケースであっても、見えにくいところでパッチ試験をしてから、利用するようにして下さい。

関連ページ

陰部や乳首の黒ずみにはハイドロキノンが有名だが
陰部・デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法をお伝えします。なかなか相談できない陰部の黒ずみは、セルフケアで改善することができます。デリケートゾーンの黒ずみ専用の人気ケア商品をランキング形式でお伝えします。
美白成分のトラネキサム酸とは?
陰部・デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法をお伝えします。なかなか相談できない陰部の黒ずみは、セルフケアで改善することができます。デリケートゾーンの黒ずみ専用の人気ケア商品をランキング形式でお伝えします。
黒ずみに対して効果的なグリチルリチン酸2K
陰部・デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法をお伝えします。なかなか相談できない陰部の黒ずみは、セルフケアで改善することができます。デリケートゾーンの黒ずみ専用の人気ケア商品をランキング形式でお伝えします。
黒ずみに良い大豆エキス
陰部・デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法をお伝えします。なかなか相談できない陰部の黒ずみは、セルフケアで改善することができます。デリケートゾーンの黒ずみ専用の人気ケア商品をランキング形式でお伝えします。