黒ずみに対して効果的なグリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2Kには美白作用がある

グリチルリチン酸2Kには、皮膚の荒れを防いだり軽減したりして、皮膚環境を安定させる作用があります。陰部の黒ずみの一番の要因は「パンツとの擦れによるダメージ」や「洗浄のし過ぎによるダメージ」による乾燥です。

 

ダイレクトに美白するわけではありませんが、皮膚環境が安定していれば、皮膚は乾燥しにくくなりますよね。そして、皮膚の表面の硬化した角質を取り除くピーリング作用もあります。こちらも、黒ずみの軽減に効きます。

 

 

副作用は?

ステロイドと類似した作用や副作用があると言われています。さて、グリチルリチン酸2Kで発生する副作用の事を「偽アルドステロン症」と呼びます。アルドステロンは、ホルモンの一種であり、副腎から発生します。

 

血圧を上げたり、身体の中に水分や塩分を蓄積させてカリウムを外に出しやすくしたりする作用があります。このホルモンが発生し過ぎると、カリウム不足になったり、むくんだり、血圧が上がり過ぎたりしますが、そのような症状を指して「アルドステロン症」と呼ぶのです。

 

そして「偽アルドステロン症」とは、血中アルドステロン症濃度が上昇していないのに、アルドステロン症のような状態になるものを指しています。さて、グリチルリチン酸2Kの摂取は1日に付き40mgまでにして下さい。

 

これ以上摂取すると、副作用が生じる可能性が高いです。ただ、国内で売られている陰部の黒ずみケアジェルやクリーム、化粧水等は、必ず薬事法を守っていますから、当然グリチルリチン酸2Kを摂り過ぎるような事はありません。

 

また、ここまで副作用について述べてきましたが、それも飲み薬により摂取した場合の話ですから、外用薬の場合は、そもそもがほぼノーリスクです。自然植物成分ですから、安全性も高いです。

関連ページ

陰部や乳首の黒ずみにはハイドロキノンが有名だが
陰部・デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法をお伝えします。なかなか相談できない陰部の黒ずみは、セルフケアで改善することができます。デリケートゾーンの黒ずみ専用の人気ケア商品をランキング形式でお伝えします。
美白成分のトラネキサム酸とは?
陰部・デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法をお伝えします。なかなか相談できない陰部の黒ずみは、セルフケアで改善することができます。デリケートゾーンの黒ずみ専用の人気ケア商品をランキング形式でお伝えします。
陰部の黒ずみにはプラセンタ
陰部・デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法をお伝えします。なかなか相談できない陰部の黒ずみは、セルフケアで改善することができます。デリケートゾーンの黒ずみ専用の人気ケア商品をランキング形式でお伝えします。
黒ずみに良い大豆エキス
陰部・デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法をお伝えします。なかなか相談できない陰部の黒ずみは、セルフケアで改善することができます。デリケートゾーンの黒ずみ専用の人気ケア商品をランキング形式でお伝えします。