美白成分のトラネキサム酸とは?

医薬部外品のトラネキサム酸には、止血作用、抗アレルギー効果、抗炎症効果があります。ちなみに人工合成されたアミノ酸です。医療機関では長きに渡り、じんましんや湿疹のための薬として利用されたり、血を止めるためにも利用されたりしてきました。

 

治療が困難とされている「肝斑」というシミを治す作用もあります。肝斑に関しては、美白外用剤、ビタミンCの服用薬品と併せて使う事が大半です。ちなみに、トラネキサム酸には外用薬と飲み薬が存在します。美白作用が有名になったのは、飲み薬が開発されてからの事です。

 

トラネキサム酸の美白作用

メラニン色素が多量に生成され、皮膚細胞に蓄積してしまうと黒ずみが起こりやすくなります。ここで、トラネキサム酸が持つ「抗プラスミン効果」が役立ちます。

 

皮膚にUVによる刺激が及ぶと、メラノサイトに「メラニン色素を生成せよ」という信号が送られるのですが、この際、トラネキサム酸がシミを生成させてしまう「プロスタグランジン」という名前の物質の伝達をブロックしてくれます。

 

そのため、メラニンの発生自体をブロックする事が可能なのです。そして、トラネキサム酸には既存の黒ずみを淡くする作用もあります。「防止」も「軽減」もできるという事ですね。

 

 

塗ればきちんと効きます

「ジェルやクリームに入っているトラネキサム酸でもちゃんと美白できるの?飲み薬でないと意味が無いのでは?」と感じるかもしれません。ジェルやクリーム等に入っているトラネキサム酸の大半は、その誘導体である「m-トラネキサム酸」であり、こちらもアミノ酸に該当します。

 

この成分も、老人性色素班や炎症性色素班を軽減できる美白成分として、厚労省からきちんと認可されています。上記のようなプロセスを踏み、きちんと黒ずみを改善してくれますよ。

関連ページ

陰部や乳首の黒ずみにはハイドロキノンが有名だが
陰部・デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法をお伝えします。なかなか相談できない陰部の黒ずみは、セルフケアで改善することができます。デリケートゾーンの黒ずみ専用の人気ケア商品をランキング形式でお伝えします。
黒ずみに対して効果的なグリチルリチン酸2K
陰部・デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法をお伝えします。なかなか相談できない陰部の黒ずみは、セルフケアで改善することができます。デリケートゾーンの黒ずみ専用の人気ケア商品をランキング形式でお伝えします。
陰部の黒ずみにはプラセンタ
陰部・デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法をお伝えします。なかなか相談できない陰部の黒ずみは、セルフケアで改善することができます。デリケートゾーンの黒ずみ専用の人気ケア商品をランキング形式でお伝えします。
黒ずみに良い大豆エキス
陰部・デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法をお伝えします。なかなか相談できない陰部の黒ずみは、セルフケアで改善することができます。デリケートゾーンの黒ずみ専用の人気ケア商品をランキング形式でお伝えします。