陰部や乳首の黒ずみにはハイドロキノンが有名だが

ハイドロキノンには、陰部などの黒ずみを素早く解消する作用があると言われています。ハイドロキノンを使ってみたいと考えている方もたくさんいるでしょうが、その安全性についてはどうなのでしょうか?

 

美白作用はあるが

ハイドロキノンには美白作用があり、黒ずみを解消できるとされています。ちなみに、トレチノインと併用すると効き目が上がるそうです。ただ、陰部、肛門周辺、乳首等、過敏な部位に利用するのはリスクが高いと見られています。

 

 

効果が高い分リスクも高い

ハイドロキノンを黒ずみに塗布すると、それが淡くなっていきます。メラニンの発生をブロックし、メラニンを発生させるメラノサイト自体を減少させる作用もあります。

 

そして、ハイドロキノンはアルブチン、コウジ酸、プラセンタ、ビタミンC誘導体等の美白成分のおよそ10000%分の美白作用があると言われています。実際「皮膚の漂白剤」と表現されるほどに、漂白効果が高いです。

 

ただし、使用方法を誤ると、むしろ黒ずみを悪化させてしまう事になり得ます。注意点を抑えつつ、美白作用だけでなく、保湿作用もあるクリームを使用しましょう。

 

 

ハイドロキノンを陰部に使うのは危ない

結局のところ、ハイドロキノンを肛門周り、乳首、Iライン、Vラインに使用するのは危ないと言わざるを得ません。その理由は主に3個あります。

 

皮膚への負荷が大きすぎる

美白作用が高い分、皮膚への負荷が強すぎるのです。ですから、自分だけの判断では利用しないようにしましょう。

 

高濃度のものは危険

高濃度過ぎると、黒ずみうんぬんではなく、皮膚をそのまま漂白する事になってしまい、白色の斑点が発生してしまう場合があります。目安として、5パーセント以下のものでないと危険です。

 

発がん性物質でもある

ハイドロキノンを動物に投与して、白血病や癌の発症率が上がったというデータがあります。ただ、人間に対しても発がん性を発揮するのかどうかは分かっていません。

 

動物を利用したテストを基に考えると、連日5パーセントのハイドロキノン25グラムを経口摂取すると、癌に見舞われる可能性が出てくるという算出になります。このデータを基に、人間の場合もハイドロキノンの比率が5パーセント以下のクリームを安全なものとしているのです。

関連ページ

美白成分のトラネキサム酸とは?
陰部・デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法をお伝えします。なかなか相談できない陰部の黒ずみは、セルフケアで改善することができます。デリケートゾーンの黒ずみ専用の人気ケア商品をランキング形式でお伝えします。
黒ずみに対して効果的なグリチルリチン酸2K
陰部・デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法をお伝えします。なかなか相談できない陰部の黒ずみは、セルフケアで改善することができます。デリケートゾーンの黒ずみ専用の人気ケア商品をランキング形式でお伝えします。
陰部の黒ずみにはプラセンタ
陰部・デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法をお伝えします。なかなか相談できない陰部の黒ずみは、セルフケアで改善することができます。デリケートゾーンの黒ずみ専用の人気ケア商品をランキング形式でお伝えします。
黒ずみに良い大豆エキス
陰部・デリケートゾーンの黒ずみを改善する方法をお伝えします。なかなか相談できない陰部の黒ずみは、セルフケアで改善することができます。デリケートゾーンの黒ずみ専用の人気ケア商品をランキング形式でお伝えします。