目立つ大陰唇の黒ずみは消したい

大陰唇は膣口の延長上にあり、比較的大きいので目立ちます。大陰唇は膣同様に柔らかい皮膚で敏感ですから、不要な刺激を与えることは避けなければなりません。

◆陰部の黒ずみ=大陰唇の黒ずみ
陰部の黒ずみというと大陰唇を指す場合もありますが、下手に黒ずみケアをすると黒ずみがひどくなります。また、皮膚と言っても粘膜質ですから、ピーリングなどはおすすめできません。

◆なぜ陰部は黒ずむのか?
大陰唇の黒ずみを消すには、原因を知っての対策を講じなければなりません。大陰唇の粘膜質皮膚の角質層は薄いので刺激に弱く敏感という特質があります。ですから、ショーツとの摩擦はもとより、座っている時の体重のかかり具合次第でも刺激になります。

このような刺戟を受けると黒ずみになる理由は、その大半がメラニン色素の分泌で、つまり間接的な原因と直接的な原因があります。間接的な原因はショーツと大陰唇摩擦や、ゴシゴシ洗うこと、足を組むこと、カミソリでのムダ毛処理などですから、日常生活でこれらの要因をできるだけ防ぐことが肝要です。

◆黒ずみのメカニズム
大陰唇と限らず、皮膚が刺激というダメージを感じると、そのダメージを防ごうとして、体内のメラノサイト細胞がメラニン色素を生産して、それを皮膚に送ります。

刺戟はいろいろで、紫外線での日焼けも紫外線での刺激でメラニン色素が生産され、皮膚に分泌・沈着するので皮膚が黒くなるのです。大陰唇の黒ずみと紫外線との関係も無視できず、さらに先に述べたようなショーツとの摩擦での刺激が黒ずみを招くのです。

◆メラノサイトを眠らせる
皮膚細胞が代謝するのがターンオーバーで、これは古い角質を除去して、新しい角質と入れ替わる作用です。ですから、皮膚に沈着した黒ずみもターンオーバー作用で消えるはずです。

ただし、皮膚が常に刺激を受けていると、ターンオーバーでの角質の入れ替えが間に合わなくなるので、黒ずみが消えません。
黒ずみを消す秘策は、メラニンを生産するメラノサイト細胞を眠らせることです。

この秘策に有効なのがトラネキサム酸で、基本的にこの成分は安全な美白成分です。厚生労働省が認可しているトラネキサム酸が配合されている美白品を使って。とかく目立つ大陰唇の黒ずみを薄くしましょう。デリケートゾーン 黒ずみ 改善