陰部が黒ずむのは生まれつきなの?

医学的に解明されている黒ずみの原因は、人の体内で生成されるメラニン色素が肌に分泌され、それが肌に沈着するからです。そこで黒ずみは生まれつきなのかどうかという疑問が生じます。

◆陰部の黒ずみは人種による
世界にはさまざまな人種がいますが、メラニン色素の生成量が多い人種とそうでない人種がいます。一般論では日本人はメラニン色素の発生量が多い人種のようです。

これを言い換えると、黒ずみは生まれつきというよりは、人種的な体質であり、黒ずみができるのは生まれつきではないということです。つまり日本人は黒ずみになりやすい、刺激に敏感な肌を持っているのです。

◆肌への刺激だけが原因ではない
黒ずみは生まれつきではないとすると、黒ずみができるのはなぜかということになります。後天的な黒ずみの主な原因は、陰部の肌がショーツなどで摩擦した時の刺激ですが、そのほかには、間違った陰部のケアの仕方があり、さらには、ストレスや肌のターンオーバーの乱れ、黒ずみになりやすい食生活などがあります。

また生まれつきの黒ずみでも、黒ずみになる原因を解決できれば、黒ずみを大幅に改善できるでしょう。メラニン色素が肌に分泌されやすい体質でも、美白剤などでのケアをすれば、黒ずみを薄くすることは可能でしょう。

◆日焼けで体質が分かる
陰部だけではなく、肌に紫外線は強い刺激になります。それは日焼けで証明されますが、ただし日焼けで肌が赤くなる体質と肌が黒くなる体質の違いは、メラニン色素の生成量が少ないか多いかです。

日焼けで肌が赤くなるだけの人はメラニン色素の生成量が少ない体質で、黒ずむ人はメラニン色素の生成が活発な体質というわけです。

したがって、肌のターンオーバーとの関係もありますが、肌が刺激されるとメラニン色素がすぐに大量に生成される体質だと、黒ずみ改善に時間がかかり、ケアをしないと薄くなった黒ずみがすぐに濃くなるようです。